関西玉龍同窓会

-ウエルカム関西- H24年
ようこそ関西へ、君たちに拍手-
和やかに「ウエルカム昼食会」

関西玉龍同窓会主催。この春(平成24年)母校・玉龍高校を卒業し、関西地区へ進学した後輩を招いて「ランチでも一緒に食べよう」という催し『ウエルカム関西』が6月9日、大阪市北区の「ホテルグランヴィア」内のレストラン「アブ」で開かれた。

参加してくれたのは斎藤悠次君(同志社大学)、下温湯愛(しもぬりあい、京都大学)さん、田村天真(たむらてんしん、大阪大学)君、田中満美(大阪大学)さんの4名。OBは中原会長以下6名が出席。「玉龍で学んだ仲間」というただ一つのキーワードのもと、和やかに、そして和気藹々の約2時間を過ごした。

「高校から玉龍」の斎藤君以外、3名は中高一貫校になってから初の卒業生。「学校、生活ともにまだ不慣れなことがある」ものの、新しい環境が楽しくもある様子だった。女性二人は「学校は結構ハード」と話したが、田村天真君は「バイトが忙しくて、鹿児島に帰りたい、と思う暇がない」とか。

中原会長は「おまんさぁたっが来てくれて嬉しかった。腹がへったり、困ったこっがあったら連絡してくれればよか」と先輩風の挨拶。

一同、10月6日の総会(大阪・弥生会館)での再会を約束して散会した。

昼食会写真